スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AngelBeats第六話を再度見て


納得のいくまで


【天使も記憶が無い?】

前回のタイトル「Favorite Flavor」。好物が記憶に関係してると考えるのは安直ですが
今回、まるで知らなかったような素振を見せた、あれはなんだったのか。食べ物とさえ
認識してないようなあれは。普通はもう天使は意思を持っている=NPCで決まりだと思う
が、もしかしたら逆の逆もあり得るのか。独房で眠る、システムという言葉、すべて疑わ
しく思えてならない。


【音無と直井】

「ここにお前もいるんだから」

あぁ、そうか。あの世界はそういう人間が集まるのか。生きる意味という存在を無くして
絶望に浸った人間が。音無はゆり、岩沢、日向と周りの過去を聞いて分かったんでしょう
ね。主人公に記憶が無い理由。他人の過去に入りやすくするためか。彼らの記憶はこれで
嘘偽りのないことが証明された。あの世界で消えることを直井は「夢を叶えた」と言った。
夢は優しいから偽りであり、それに抗うのがSSS。そう考えると、一概に成仏が正しいとは
思えなくなる。

「僕の人生を意味あるものに変えるために挑み続けるんだ」

陶芸。形が崩れても何度でも再生して理想を目指す…あの世界と一緒ですね。生前の未練
からの解放という理想。それを追い求めること自体が…ということですよね。気づけば彼らは
もう手に入れている。それでも休むことなく抗い続ける。人生賛歌すぎてEDが眩しすぎる。


【撤回】

ブラフは記憶の中の過去ではなく、彼らの日常だったかもしれません。

今回は「初見の感想の記事」が見直しても最悪なものだったので、これで少し解消。
結局真逆の印象になってる。先入観というのは恐ろしいですね。偽を見て実を得ず。



テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kou

Author:kou

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。